アイエスエイプラン

戦略・組織

戦略を実現する真の情報技術の実現

ITのマーケットにおけるパラダイムは戦略構成→戦略実現→戦略創造へとシフトしていきます。その流れの中でIT企業のパラダイムも進化する必要があると考えております。元来ITはペーパーや様々な演算などのシステム化からその役割を担うようになりました。

しかし、本質的には“リストラクチャリング”・“ビジネスドメインの拡大”に尽きると考えております。リストラクチャリングは否定的なコストカットだけでなく、組織自体の再構築によるリソース配分の最適化を実現するという事になります。また、ビジネスドメインの拡大については、新たなるチャネルの創造、新たなる収益源の創造を実現します。この2点が本来ITに課せられたミッションだと考えております。

そして、この本質的なミッションへのコミットメントの所在が戦略構成→戦略実現→戦略創造へと変容しているのだと考えております。

戦略

戦略構成

現在は戦略構成としてのITの認知が一般的であり、クライアントと呼ばれる企業の認識もこのレベルでなされ実業務のルーチンが組まれております。企業戦略をブレイクダウンし実装がITである場合にシステム部門へと必要なITシステムのスペック・要件が落とされ一般的なIT企業はこの段階から関わります。

つまり、IT企業のプレゼンテーション及びビジネスの対面がITシステム部門という事になります。このレイヤーからのITの意義はコストカット・ビジネスドメインの拡大支援であり、クライアント側企業もIT企業も「このレイヤーへのてこ入れはある程度終了している」と言えないといけない段階にあるのではないかと思われます。

戦略実現

戦略構成と比較した時、大きく商慣習が全く異なります。1点目としてアプローチするレイヤーが異なります。それは、システム部門からのオファーではなく取締役会へのアプローチいたします。

戦略が策定された後、戦術としてITといった選択肢が定義できるレイヤーへのアプローチが必要であり、つまり、IT企業のアウトプットをITシステムからITへとシフトさせる必要があると考えます。マネジメント層への本質的なソリューションを提供する為には、その意思決定にも関わる必要があると考えております。

そして、もう一点はフルコミッションで提供するという点があります。投資回収の企業活動プロセスの中で回収のフェーズまでコミットメントをします。初期段階は、システム構築に必要なリソースを弊社の方で投資という形で負担し、結果に応じてコミッションを頂くといったモデルにする必要があります。

そして最終的にはITファンド、ITキャピタルといったニュアンスでクライアントと同じ若しくはそれ以上のリスクを負い、クライアントの営業利益をコミットする必要があると考えております。

戦略創造

創造性・創発、の場としてのITの存在が必要になると考えております。つまり、これまで組織デザイン・組織マネジメントに依存してきた、創造性の確立のプラットフォームになる必要があると考えております。

創発する組織の創造

「みんなの考える事は結構正しい」と考えております。またそういった事を感じている方も多いかと思います。ただ、それを実現する場が無かったり、資金的に困難であったりといったリスクを弊社で負います。そして、こういった個人個人の創造性を高められる場を提供いたします。

ビジネスにおいて、最重要とされるフェーズは投資・回収のフェーズであり、この点をいかに多く経験し自身のビジネススキルに早く取り込むか?という事が価値ある社会貢献の創造に大きく関与すると考えております。個人から形成された組織が有機的に新たなるビジネスを生み続け、そのビジネスに対して個人個人がコミットメントを示す事、これがこれからのビジネスパーソンに要求される最高次元の能力なのだと考えております。

更に、この創発という概念は、これまでビジネススキルの代表格として挙げられてきたロジカルシンキングのような理論をベースとした思考方法では実現する事が困難であるという現状があります。これまでマーケットを予測し、マーケットを構成する企業や個人消費を予想するという事はダイバシティ・多様性への対応を鈍化させ時には不可能とします。少なくとも、この概念に対する解の1つに、既存のパラダイムからの脱却・変革が存在すると考えます。

具体的には、脱ロジカルシンキング・コンテクストマネジメント・創造性・イノベーション・アブダクションといったキーワードの追求が必要であると考えます。

この創発といった概念をコンテクストとし、新規事業創造の会・投資制度・新規事業創造合宿・ISA起業塾が中核となり創発する組織の創造をマネジメントしております。