アイエスエイプランのOJTを学ぼう!とれキャンを開催しました!

こんにちは。misakiです。
11月に入り、いよいよ2019年も終わりに近づいてきましたね…!

そんな11月、実はアイエスエイプランの中でも3本の指に入るビックイベントが開催されます。それが「トレーニングキャンプ」、略して「とれキャン」です!

ということで今回は、先週末に開催された2019年度「とれキャン」の様子をお届けします!

とれキャンとは?

とれキャンとは社員のビジネススキルを高めるためのセミナーのことで、その年の組織課題がテーマとなっています。

具体的には、

  • 講義を聞く
  • 自分なりに考える
  • チームで議論する
  • お互いにフィードバックしてみる

など、テーマについて多角度から社員みんなで考えていきます。

今回のテーマは「アイエスエイプランのOJTスタイル」

そんな今回のテーマは、「アイエスエイプランのOJTスタイル」。

アイエスエイプランでは、SL理論と呼ばれる状況対応型リーダーシップに沿ってOJTを実施しています。
ゴールは「状況対応型リーダーシップを理解し、正しくOJTができるようになる」こと。それではいよいよとれキャンスタートです!

そもそもOJTとは何だろう?


まず最初にOJTの目的やメリットデメリット、問題点について説明を聞きました。OJTを実施する側も受ける側も、知っておくべき重要ポイントを確認します。

(OJTについては、後日記事がUPされる予定です。お楽しみに!)

チームごと今までの経験を振り返ろう

OJTの概要を掴んだら、チームごとに分かれて共有タイムです。

今までの人生経験から、
①教えた相手に自分の思い通りの行動に移してもらえなかったこと
②教わった自分が相手の思い通りの行動に移せなかったこと
をひとりひとり挙げてチームに共有、そして全体発表します。

自分が当たり前と思っていたことが相手にとってはそうでなかったり、分かったつもりで進めた結果作業に漏れが生じたり…と、教える側・教わる側の足りない部分を確認できました。

SL理論に従って教え方を考えよう

【参考】SL理論の概要

今までの経験を振り返った後は、いよいよSL理論について学びます。
SL理論とは、部下の発達レベルを4段階に分け、その発達レベルに応じて教え方を変化させるものです。

今回は普段の業務を後輩にOJTすると仮定して、SLレベル別に適切な教え方を考え、二人一組でフィードバックし合いました。

相手の発達レベルを考慮した上で指示や援助の量を調整していくSL理論。
いざまとめようとするとなかなか難しく、教えることの大変さに気付きます。

お互いにフィードバックすることで、普段OJTを実施している人はもちろん、受ける人もOJTの重要性や難しさを知ることができました。

とれキャン最後は打ち上げ!

受講終了後は、お待ちかねの打ち上げです!
今回は、東京社員・大阪社員・内定者がごちゃ混ぜとなって参加したため、普段話せない方とも交流できました。

最近入社した子も参加しました!
普段なかなか会えない方と楽しくおしゃべり!

おつかれさまでした

講師を担当した二人

OJTスタイルについて学んだ今年のとれキャン。
実施する側も受ける側も、改めて学ぶことが多かったのではないでしょうか。

ちなみに今回講師を担当したのは入社2年目、6年目の社員でした。
関連する本を何冊も読み、 1から資料を作成、修正したそうです。
社員みんなにOJTを分かりやすく教えてくれた二人に感謝ですね!

来年はどんなテーマのとれキャンが開催されるのか、今から楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です